ページトップへ

株式会社ミツワ株式会社ミツワ会社ロゴ

株式会社ミツワは、柿皮むき機・枝豆収穫機・人工交配機器等の農業製造メーカーです。

イベント

えだまめ定量袋詰機が初導入(神奈川県)

少量多品目の都市型農業、収穫や包装に時間が追われて大変ですよね。
先日、神奈川県で「えだまめ袋詰機IB-3V2型」が初導入されましたので、設置説明をしてきました。
もぎ豆出荷に欠かせない袋詰め作業ですが、この機械では大幅に時間短縮と省力化が図れます。

希望重量を設定したら、シューターに袋をあて、排出される枝豆を受けるだけなので、誰でも簡単に操作できます。

実演やご要望ありましたら、お気軽にお問合せください。

営業課 小黒

IMG_1362

すももの摘花が始まりました。(山梨県)

山梨県で、すももの摘花が始まりました。
例年に比べ5~6日程早く作業が始まっております。

IMG_4365 IMG_4360 IMG_4378

2019インターンシップ終わりました(1年生第2週目)

先週、新潟大学工学部1年生のインターンシップ2週目を執り行いました。

最初の2日間では組立課体験をメインにやってもらい、
残り日数で、最終日の発表会に向けて準備を進めてもらいました。

まずは社内における製造部組立課の役割とはを先輩社員からお話ししてもらいます。
流通の流れから言えば、組立課の作った商品がお客様のもとに届きます。
その商品たちはまさにミツワの顔であり、ネジ一本締め忘れたなどということがあってはなりません。

良い品質のものを届ける義務が組立課にはある、という力強いプライドが座学から感じられました。
インターン生にもその思いが届いたことでしょう。

btrhdr

その後、組立の実習。

btr

インターン生の2人も、実際に製品に組み込まれる部材を作ってもらいます。
もちろん先輩社員のダブルチェックが待っていますので、突き返されないようにその表情は真剣です。

あとから知るのですが、この組立作業が一番面白かった、もっとやりたかったとのこと。
やはり工学系の学生は、機械に実際触れる作業がお好きなようです。

btrhdr

最終日には、学校で発表するパワーポイントを事前に社内で披露してもらいました。
ついこの間まで高校生だったのに、鮮やかにパワーポイントを使いこなしており、
発表を見ていた社内のおじさま社員たちは「おー」と感嘆の声を上げておりました。

2人から事後のアンケートで「ためになった」「楽しかった」などお褒めの言葉をいただき、
準備してきた部署やそれぞれの担当からすると、ホッとするとともに非常にうれしい反応でした。

「夏の会社の納涼会BBQに参加して良いですか?」と言われ断る理由はありません。(お酒はだめですが。)
また待ってるよと送り出し、1年生のインターンシップは終了しました。

来週は工学部2年生がやってきます。
4日間のみと若干短いですが、良いお付き合いが出来ればいいですね。

2019インターンシップが始まりました(1年生第1週目)

ミツワでは例年インターンシップを受け入れており、今年も6/25から始まりました。

来社したのは新潟大学工学部の1年生2名です。
月曜日を除く2週間のお付き合いということで、その間各部署を日ごとに回り、
様々な企業体験をしてもらおうと準備を進めてきました。

まずは初日にインターンシップ担当者から、ミツワについての説明などを聞いてもらいます。
btr

翌日2日目は営業部に担当してもらい、営業の考え方、部署の醍醐味や喜びなど、熱く語ってもらいました。
実習は営業になったつもりで「自分がミツワ製品をプレスリリースするならば」というテーマで、文章を作成してもらいました。
rbthdr

翌日3日目は開発担当者より、工作機でモノづくり体験など。
btr

btr

ミツワでも指導員に若手を用いて、人に教える事や指導する事を疑似体験し、成長につなげたいと思っています。
皆、四苦八苦しながらも学生に一生懸命伝え感じてもらえるよう頑張りました。

インターンシップでは、一部の体験をすることも大切ですが、働くことの真剣さ、醍醐味、喜びなどを感じてもらいたいと思っています。
このブログを書いている時点ではまだ折返し地点。
一緒に頑張りましょう。

さくらんぼの収穫が始まりました。撮影協力:㈱さがえ西村山ジェイエイファーム

6月17日頃から収穫が始まりました。品種は佐藤錦です。

IMG_2025 IMG_2029

梨の摘果作業が始まりました。(茨城県)

茨城県では、4月20日頃から授粉作業を行い、5月15日頃に摘果作業が始まりました。

IMG_19712 IMG_19822

展示会に参加させて頂きました。(岩手県)

岩手県の展示会にてえだまめ機器GTH-1、KE-7、GS-5SPL、GFM-1を展示させて頂きました。
お忙しい中、弊社ブースに足を運んで頂きありがとうございました。

2019041701 2019041702
2019041703

桃の花の満開時期です。(山梨県)

山梨県の甲州市では桃の花が綺麗に満開を迎えていました。
桃の交配を行っている様子も見ることが出来ました。

2019040901

梨の葯採取作業が始まりました。(千葉県)

千葉県で葯採取作業が始まりました。梨は綺麗な白い花を咲かせます。

2019040301 2019040302

柿の収穫が始まります。(長野県)

長野県では、もう時期市田柿の収穫が始まります。
また、中野市では琥珀の華という市田柿から「枝変わり」と呼ばれる突然変異から生まれた柿が栽培されています。
市田柿と同等の大きさで平種無柿の様な形をしております。

img2018101802 img2018101804